Contents
RSS 2.0

ブログ blog page

2020.9.26-4(3)

2020年09月25日 (金) 23:35
2020.9.26-

????

【FINANCIAL TIMES】企業代理戦争、中国が有利
北京支局長 トム・ミッチェル
日本経済新聞 朝刊 オピニオン(7ページ)
2020/9/25 2:00

 ティックトック争奪戦は、同アプリを開発した親会社の北京字節跳動科技(バイトダンス)が米国内ユーザーの情報を国外に出さない安全策を取ることを条件に米国事業の支配権を維持できるかが焦点だが、トランプ氏は今のところ、これを許容する内容の合意を承認するかどうかはっきりした態度を示せていない。これに対し習政権は、その本心を明かすことなく、一貫して鉄のような沈黙を守っている。

 その意味でバイトダンスを巡る一連の出来事は、2018年春の中国通信機器大手である中興通訊(ZTE)と米半導体大手クアルコムを巡る米中による初の企業代理戦争を思い出させる。この時も習氏が冷静さを保つ一方で、トランプ氏は方針を二転三転させ、結局、中国が勝利した。

 ZTEは10〜16年4月の間に、イランに米国製通信機器を輸出するなどして米国の輸出規制に著しく違反した上、この状況を是正するために17年に米商務省と合意した内容も順守しなかった(編集注、ZTEは17年3月に米商務省に対し、違反行為に関わった従業員の特別金支払いを減らす等の社内処分を約束したが、実際には全額支払うなど米国側に虚偽の説明をしたとされる)。このためロス米商務長官は18年4月、米テック企業がZTEに部品を販売することを禁じた。それはZTEにとって死刑宣告されるに等しい措置だった。

 習氏は、国家の威信を保つことや数千に上る雇用を守ることなど、様々な理由から米政府によるこの措置を撤回させる必要があった。

 一方のトランプ氏は、習氏から2つの譲歩を引き出す必要があった。米国にとって有利で大規模な貿易協定の締結で合意することと、クアルコムが440億ドル(約4兆6000億円)でオランダの車載半導体大手NXPセミコンダクターズを買収する計画を中国の独占禁止法当局に承認してもらうことだった。両社とも中国で大規模に事業を展開しているため、同国の独禁当局の承認が必要だった。

 トランプ氏は、ZTE問題で習氏が希望する通り、ZTEにいわば「執行猶予」を与え、別の条件を受け入れさせて制裁を緩和する道筋を米商務省に指示し、同社が存続することを許した。だがトランプ氏は、ここで習氏に譲歩すれば他の問題では自分の要求が円満に通ると誤解したのだった。中国はZTE存続という米国からの贈り物をさっさと懐にしまい込んだが、クアルコムによるNXP買収への承認はいつまでも出し渋った。

 その後、米中貿易交渉が難航すると、習氏はNXP買収を認めることも却下することもせず、クアルコムは結局、時間切れで買収断念を余儀なくされた。

 トランプ氏は自分が抱える「人質」を早く手放し過ぎたのだ。同氏はクアルコムによるNXP買収の承認を取り付けるまで、ZTEの執行猶予を留保しておくべきだった。これらは少なくとも同等の価値がある「人質」だったのだから、同時に交換した上であらためて貿易交渉に腰を据えて臨むべきだった。

◇◇

 ファーウェイは一連の猶予措置によりその場をしのいできた一方、トランプ氏と習氏は今年1月、貿易協議の「第1段階合意」の文書に署名した。だがこの合意が実行されるかどうかも、11月の米大統領選でトランプ氏が再選されるかどうかも、中国武漢で発生したとされる新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により見通しが暗くなっている。そのため、トランプ氏はファーウェイの包囲網を狭めつつあり、今や同社の存続さえ危ぶまれている。

◇◇

 皮肉なことに、ファーウェイが生き残れる一つの道は、トランプ氏が大統領選で民主党候補のバイデン氏に勝利することだ。というのもトランプ氏が敗北したら、復讐(ふくしゅう)心に燃える同氏は自分の任期末まで可能な限り、中国政府がティックトックよりはるかに重要な企業とみなすファーウェイへの締めつけを必ず強めるだろう。一方、勝利したバイデン氏が大統領就任早々、習氏にZTE並みのプレゼントを進呈する理由もない。

 しかし、もしトランプ氏が勝利すれば、同氏はコロナ禍で大打撃を受けた米経済を修復すべく中国との貿易交渉を進めるため、ファーウェイに対し寛大な措置を取る可能性があるからだ。


この記事を表示

2020.9.26-4(2)

2020年09月25日 (金) 23:09
??????◎所得保障韓国で導入論広がる格差が社会問題に知事ら提起、政府は慎重日本経済新聞朝刊国際2(13ページ)2020/9/252:00【ソウル=鈴木壮太郎】韓国でベーシックインカム(最低所得保障...
記事全文を読む

2020.9.26-4

2020年09月25日 (金) 22:29
???【大機小機】人口で見る21世紀末の世界日本経済新聞朝刊2020/9/252:00「世の中にはとうとうとした大きな流れがある。それを見極め、流れに乗っていくことが大事です」。オリックスの宮内義彦シ...
記事全文を読む

2020.9.26-6(2)

2020年09月25日 (金) 09:12
?????◎名字の言陰で尽くす人に心からの感謝を日蓮大聖人が門下にしたためられた手紙は、御供養に対する礼状が多い。手紙の冒頭で、寄せられた御供養の品々を列記されては門下に感謝し、その純粋な志のまま、信...
記事全文を読む

2020.9.26-5

2020年09月25日 (金) 09:12
?????ワクチン調達の国際枠組み参加の流れ、日本が主導公明、大きな役割果たす/山口代表2020/09/251面公明党の山口那津男代表は24日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし...
記事全文を読む

2020.9.26-3

2020年09月25日 (金) 08:22
???【一年前】「去るものは去りまた充ちて秋の空」(読売)これには感動?深い深い………一句。【二年前】◎10:30地区発は夫婦で勤行唱題15分「お父さんと久しぶり勤行唱題できて今日は一日元気いっぱい?...
記事全文を読む

2020.9.26-6

2020年09月25日 (金) 08:19
???各部代表者会議原田会長が出席無限の向上へ師子王の心で世界広布新時代第78回の各部代表者会議が24日、原田会長を中心に、東京・信濃町の広宣会館(学会本部別館内)で行われた。池田先生はメッセージを贈...
記事全文を読む

2020.9.26-7

2020年09月25日 (金) 08:01
??????◎サー・フランシス・ドレーク(SirFrancisDrake、1543年頃-1596年1月28日)は、エリザベス朝のイングランドのゲール系ウェールズ人航海者、海賊(私掠船船長)、海軍提督。...
記事全文を読む

2020.9.25-1

2020年09月25日 (金) 07:47
9月25日(金)??ニコポリスの戦い(1396)。フランス騎士たちの無謀さを象徴した??藤ノ木古墳の石室、石棺発掘(1985)。穴穂部皇子と宅部皇子が被葬者と推測されている??1555年-アウクスブル...
記事全文を読む

2020.9.25-2

2020年09月24日 (木) 19:39
◎こいのぼりは元々、江戸時代の町人が、5月5日の端午の節句の際に子どもの成長を願って飾ったもの。一方、武家は画面奥に見える吹き流しやのぼり旗を立てるのが習わしだったという。◎「戸田亡き後は、第三代会長...
記事全文を読む

2020.9.25-4(2)

2020年09月24日 (木) 14:57
????◎菅新政権政策を問う(5)アジア激動日本の浮沈握る外交日本経済新聞朝刊1面(1ページ)2020/9/242:002019年5月、官房長官として訪米した菅氏をペンス米副大統領らは異例の厚遇で迎え...
記事全文を読む

2020.9.25-5

2020年09月24日 (木) 14:38
??????◎北斗七星(公明)2020/09/241面2016年の米大統領選で民主党のヒラリー・クリントン候補は、共和党のトランプ候補の支持者のことを「デプロラブル」(嘆かわしい、惨めな人々)と表現し...
記事全文を読む

2020.9.25-6(2)

2020年09月24日 (木) 14:18
???〈池田先生の会長就任60周年青年部が原田会長に聞く?部〉第5回「青年学会」を築いた若き日の闘争?●「3・16」は永遠に師弟誓願の日後継とは弟子の勝利の実証◆志賀「世界青年部総会」がいよいよ目前に...
記事全文を読む

2020.9.25-6

2020年09月24日 (木) 13:59
???●安政4年(1857年)木版多色刷大判錦絵35.9×24.5センチ「名所江戸百景」は江戸時代後期の浮世絵師・歌川広重が最晩年に手掛けた作品集。情緒豊かな江戸の風景が人気を集めた。本作は江戸の水道...
記事全文を読む

2020.9.25-4

2020年09月24日 (木) 13:47
??????春秋日本経済新聞朝刊2020/9/242:00「報酬はスイス銀行の口座に振り込んでくれ」。さいとう・たかをさんの劇画「ゴルゴ13」で、ビジネスを請け負ったデューク東郷は依頼主に言う。まず手...
記事全文を読む

2020.9.25-3

2020年09月24日 (木) 00:49
?????【一年前】6:00前には眼が覚め、お風呂に入り、6:30大江戸温泉物語「タクシーはお客様ご自身で呼んで下さい」?………呼んだけど「生憎近くにいません」………しょうがない、ぐるっと回って行こう...
記事全文を読む

2020.9.25-7

2020年09月24日 (木) 00:28
?????◎ニコポリスの戦い(ニコポリスのたたかい、ブルガリア語:БиткаприНикопол,BitkapriNikopol;トルコ語:NiğboluSavaşıハンガリー語:NikápolyiC...
記事全文を読む

2020.9.24-1

2020年09月23日 (水) 23:18
9月24日(木)??ムハンマドがメディナに到着(622)。画像はムハンマドが住居とした預言者のモスク??堂島米会所開設(1780)??西南戦争終結(1877)。鹿児島市城山にある南洲翁(西郷隆盛)終焉...
記事全文を読む

2020.9.24-2

2020年09月23日 (水) 23:17
◎池田大作研究/佐藤優氏(第37回)1969年12月27日の第32回衆議院議員選挙………私12歳。小学六年生?小学5年生から中学一年生までは、朝日新聞や西日本新聞の新聞配達をしていました。当時は“タテ...
記事全文を読む

2020.9.24-4(2)

2020年09月23日 (水) 22:26
【FINANCIALTIMES】低金利の罠BISが示す米国版エディター・アット・ラージジリアン・テット株高に異例の警鐘日本経済新聞朝刊2020/9/232:00今年、株式投資家は中央銀行のために「万歳...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>