Contents
RSS 2.0

ブログ blog page

2020.9.22-6(4)

2020年09月21日 (月) 22:57
2020.9.22-

???

◎米ハーバード大学で研究室を運営する科学者〈体験プラザ〉

アメリカSGI ダニエル・サンさん
政府系機関から助成金を受給

●博士号を取得後、念願の渡米
 1977年、私は3人きょうだいの次男として、インドネシアで生を受けました。
 実家は祖父の始めた織物業で成功を収め、父が家業を受け継いでいました。子ども時代は内気な性格でしたが、家庭環境に恵まれ、学ぶことの意義や、懸命に働くことの重要性を教わり、勉強熱心になりました。いつも最上位の成績を取れるわけではなく、自身を卑下することもしばしばでしたが、家族の大きな期待を受け、高い向学心を維持することができました。
  
 高校時代は、オーストラリア南東部のメルボルンで過ごしました。この頃、母が日本人女性の友人から日蓮仏法を紹介され、私も一緒に入会。当時、仏法にはあまり関心を持てませんでしたが、信仰活動を通じ、どんどん強くなっていく母の姿を見たことで、後々、大きな問題に直面した時、仏法を実践することになるのです。

◇◇

 第1志望は、世界最高峰の名門ハーバード大学メディカルスクール(医科大学院)でした。真剣な唱題を重ね、池田先生の指導を学ぶ中、面接に臨み、自身の熱意を余すことなく伝えることができました。その後、全ての志願先から採用通知を受け、希望通り、ハーバード大学での研究生活を勝ち取ったのです。

●権威ある雑誌に論文が掲載
 2007年、アメリカ・ボストンに移住しましたが、能力重視の科学界において、私は神経科学の研究者として、大きな成果を上げなければならないという極度の重圧にさいなまれました。
  
 「博士号は役に立たない」「競争の激しいボストンの学術研究環境では能力不足だ」と、常に自身を信じられず、苦悩していました。
 「この研究者は私より若いけれど、私以上に多くの論文を発表し、それらは権威ある雑誌に掲載されている」と、他人と比べては落ち込む日々でした。耐えがたい苦痛が続く中、改めて真剣な仏道修行に挑戦しようと決意したのです。
  
 池田先生の書籍をひもとくと、先生の言葉が心に強く響きました。
 先生は、私たち一人一人に仏性が具わっており、それぞれが人生の使命を持っていることを教えられています。どの人も他人の使命を果たすことはできず、他の誰かになろうとしてもなれない――そう心で反すうしながら、日々、題目を唱え抜きました。
 SGIの活動にも積極的に参加し、他の男子部メンバーを励ます中、少しずつ自信を取り戻していったのです。
  
 2010年、私はキャリアの転機を迎えます。
 私の論文が著名な科学雑誌に掲載され、程なくして、他の雑誌から「概説を書いてもらいたい」と依頼されたのです。
 困難を勝ち越えようと、懸命に努力し、御本尊に祈り抜き、先生の指導を学べば、必ず道は開ける。当時は苦闘の連続でしたが、今思えば、それが私の信心を深め、自己不信を乗り越えるバネになったと確信しています。

●挫折、自己不信を乗り越え

◇◇

 研究生活を振り返ると、最も苦しかったのは、希望や忍耐を持ち続け、仕事の意義を見いだすことでした。研究の現場は失敗の連続。大半の実験はうまくいかず、予期せぬ結果を招きます。何度も研究意欲を失いかけましたが、そのつど、池田先生の力強い励ましやSGIの活動に支えられ、自身の可能性を信じ続けることができたのです。

 そして、宿命を使命に転ずるには、人生の困難・試練に勝ち続けることが重要だと学びました。
  
 これからも報恩感謝の思いを決して忘れず、自身の境涯革命に挑戦し続け、研究所を必ず発展させ、多くの人々に希望を届けたいと固く決意しています。


この記事を表示

2020.9.22-6(3)

2020年09月21日 (月) 22:30
〈池田先生の会長就任60周年青年部が原田会長に聞く?部〉第4回「青年学会」を築いた若き日の闘争?戸田先生と共に青年の躍動を見守る池田先生。青年室長として、師の構想実現のために次々と新たな広布の運動を推...
記事全文を読む

2020.9.22-6(2)

2020年09月21日 (月) 21:57
???◎教育本部の友と語り合う「感染症を『正しく恐れる』とは」――青年部と医学者による第11回オンライン会議から?〈危機の時代を生きる〉青年部の代表と公衆衛生等に詳しい医学者らが、教育本部の友と「コロ...
記事全文を読む

2020.9.22-6

2020年09月21日 (月) 21:44
??????【寸鉄】現代こそ自他共の幸福に尽くす仏法の慈悲が必要―識者。わが振舞で拡大◇感染防止で新しい座談会の形。語らえば心は通う。巧みな智慧で団結固く!◇青年は闘争の中で自己を鍛えよ―周総理。時は...
記事全文を読む

2020.9.22-3

2020年09月21日 (月) 00:29
???【二年前】◎半分、青い妻「あ〜私も佐藤健君に抱かれたい、夢に出てこんかな」私「俺が出てくるよ」「わ〜やめて〜??」?【一年前】◎私の「ねんきん定期便」1.これまでの保険料納付額(累計額)7,22...
記事全文を読む

2020.9.22-7

2020年09月21日 (月) 00:29
???◎村重は有岡城に篭城し、織田軍に対して1年の間徹底抗戦したが、側近の中川清秀と高山右近が信長方に寝返ったために戦況は圧倒的に不利となった。その後も万見重元らの軍を打ち破るなど、一旦は織田軍を退け...
記事全文を読む

2020.9.21-1

2020年09月20日 (日) 23:50
9月21日(月)??1435年-アラスの和約:百年戦争で敵対していたフランス王シャルル7世とブルゴーニュ公フィリップ3世が和睦。??1898年、戊戌の政変。西太后が光緒帝を幽閉??1931年-満州事変...
記事全文を読む

2020.9.21-4(5)

2020年09月20日 (日) 23:31
??????◎世界三大映画祭ベネチア映画祭1932年~………芸術性………羅生門ベルリン国際映画祭1951年~………社会派………千と千尋の神隠しカンヌ国際映画祭1946年~………完成度高い………万引き家...
記事全文を読む

2020.9.21-6

2020年09月20日 (日) 21:50
??◎教育本部の友と語るオンライン教育の長所と課題――青年部と医学者による第11回オンライン会議から?〈危機の時代を生きる〉「コロナ禍の中で考える教育の未来」●子どもが成長するポイント?「自分は大切に...
記事全文を読む

2020.9.21-2

2020年09月20日 (日) 21:30
◎高齢の方々には、「尊敬」をもって接することが大事だ。長年、家族と社会のために働いて年をとったのだから、周囲が「今こそ恩返しをする時だ」と思ってあげてほしい。高齢者にとって、孤独ほど生命力を弱らせるも...
記事全文を読む

2020.9.21-4(4)

2020年09月20日 (日) 16:17
??????【NARExclusive】香港国家安全法、学術交流に影台湾からの留学志願者も急減日本経済新聞朝刊2020/9/202:00学者や学生らにとって、香港の大学は長きにわたり研究や議論が自由に...
記事全文を読む

2020.9.21-4(3)

2020年09月20日 (日) 15:57
???春秋日本経済新聞朝刊1面(1ページ)2020/9/202:00来春から使用される中学の教科書では、LGBTなど性的少数者への理解を促す記述が充実する。当事者であることを公表した日本文学研究者ロバ...
記事全文を読む

2020.9.21-4(2)

2020年09月20日 (日) 15:47
????【チャートは語る】米研究危うい中国排除留学生に依存中国、「独立」へ着々日本経済新聞朝刊1面(1ページ)2020/9/202:00米国が国内の中国人留学生や研究者を一部排除し始めた。研究分野では...
記事全文を読む

2020.9.21-5

2020年09月20日 (日) 12:58
???地球にあふれる生命の輝き=25ガジュマル長寿や豊かさを象徴する「歩く木」/自然写真家高砂淳二2020/09/207面種子は鳥の糞に混じって低木の上などに落とされ、そこで発芽し、その後、宿主の木を...
記事全文を読む

2020.9.21-4

2020年09月20日 (日) 10:25
????◎社会学者マックス・ヴェーバー没後100年時代超えた思想に再び光仕事中心への異議/中立・客観性の危うさ日本経済新聞朝刊2020/9/192:00「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」な...
記事全文を読む

2020.9.21-7

2020年09月20日 (日) 01:17
???????????????????????0186〜0237開目抄0203:15〜0204:17第29章二乗の法華深恩を論ず本文毛宝が亀はあをの恩をわすれず昆明池の大魚は命の恩をほうぜんと明珠を夜...
記事全文を読む

2020.9.21-3

2020年09月20日 (日) 01:17
????【一年前】◎日中は水面下でどのような交渉を行ったのか/徐静波(中国経済新聞)「なぜ6年も対立していた日中両国が、突然友好的になったのか?大きな環境からいえば、去年の「共産党第十九回大会」以降、...
記事全文を読む

2020.9.20-1

2020年09月20日 (日) 00:40
9月20日(日)1336年(延元元年/建武3年8月15日)-北朝の光明天皇が即位。再び南北朝分離へ。1620年(元和6年8月24日)-伊達政宗の使節としてスペインに赴いた支倉常長が7年振りに帰国。18...
記事全文を読む

2020.9.20-2

2020年09月20日 (日) 00:36
◎「コーチ」「とにかく質問をし続けること」と「経営者をDX(デジタルトランスフォーメーション)に導くこと」◎DX(デジタルトランスフォーメーション)は、職員に聞いた方が早い?今度職員用に6台買った大き...
記事全文を読む

2020.9.20-4(5)

2020年09月19日 (土) 23:41
???【人生100年お金の知恵】高齢者投資トラブル多く判断力低下家族が目配りを日本経済新聞朝刊2020/9/192:00「持っている株式を売って投資信託を買えば利益が出ますよ」。70代後半の女性Aさん...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>