Contents
RSS 2.0

ブログ blog page

2017.4.29

2017年04月30日 (日) 00:01
2017.4.29

◎韓国SGIが唯一の希望! (本日の聖教)
「韓国SGIが躍進の大会」
「慶州(キョンジュ)常勝文化開館日 歓喜あふれる開館式」
泥々した泥水の中から清らかな大輪の花ーーまさに如蓮華在水!?


◎ 現代によみがえる中世博多
「博多遺跡群」展
福岡市役所に初めて入りました。最初に目に入った写真は、昨年の博多陥没事故の写真かと思いました。加齢のせいでしょうか、最近こういうのに興味を持つようになりました。
帰って妻に報告したら
妻「わたしゃ〜全然?趣味なし!」
?

◎今日の寸鉄は私の為にある!?
「青年よ八方に戦いの火蓋を切り、新しい道作れー戸田先生。後継の使命大」

「決断と忍耐は最も高貴な精神ー文豪ゲーテ。深き祈りと執念の行動で栄冠つかめ」

「黄金期間(ゴールデンウィーク)。爽やかに友情拡大。長距離運転等、無理は禁物だ。絶対無事故で

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

真言諸宗違目 141頁
第五章
教の勝劣により人を判ずべきを明かす
文永九年五月 五十一歳御作  

星の中に勝れたる月・星月の中に勝れたるは日輪なり、 

小国の大臣は大国の無官より下る傍例なり、
外道の五通を得るより仏弟子の小乗の三賢の者の未だ一通を得ざるは天地猶勝る、

法華経の外の諸経の大菩薩は法華の名字即の凡夫より下れり

<通解>

星々の中で勝れているのは月である。星々や月の中で最も勝れているのは太陽である。同じように、諸経の中で最高の教えは法華経である。

小さな国の政務を執行する高官は、大きな国の官職のない臣下より劣る。このことは、間接的な例証である。

したがって、外道であって五種の神通力を得た者よりも、内道の仏弟子であって小乗の三賢の位でいまだ五種の神通力のうちの一つも得ていない者のほうが、天が地に勝れている以上に、勝っているのである。

法華経以外の諸経を行ずる大菩薩は、法華経を行ずる名字即の凡夫より劣っている。

<解説>

そして、星の中で勝れているのは月であり、星や月で勝れているのは日輪、太陽であり、世間では小国の大臣は大国の無官の臣にも劣るように、外道の五神通を得た者よりも仏弟子の小乗の三賢の位で、一神通も得ていない者のほうが天と地の差以上に勝れており、更に仏法の中では法華経以外の諸経における大菩薩は、法華経を持つ名字即の凡夫より劣ることを明らかにされている。

星と月と太陽の譬えは、薬王品の「衆星の中に、月天子最も為れ第一なるが如く、此の法華経も亦復是の如し。千万億種の諸の経法の中に於いて、最も為れ照明なり、又、日天子の、能く諸の闇を除くが如く、此の経も亦復是の如し。能く一切の不善の闇を破す」との文意によったものであろう。法華経こそ諸経の衆星の中の大日輪なのである。

また大国と小国の臣の譬えは、釈籤に「小国の大臣等と云うは、前の三教を名づけて小国と為す。教主已下を皆名づけて臣と為す…若し円の大国凡夫の小臣は名字仏と名づく」とあるものによられたものであろう。


この記事を表示

2017.4.28

2017年04月28日 (金) 23:37
◎スーパープレミアム!実施率はまだ2.5%。その中に入っているのはとても光栄なことです。今朝、職員との会話ーー私「今日は皆3時からプレミアムフライデーね。俺は午後からスーパープレミアム!」(笑)職員「...
記事全文を読む

2017.4.27

2017年04月28日 (金) 00:13
◎今年は「ロシア革命」から100年「歴史的必然という共産主義理論はすでに破綻している」ーー資本主義でもなく共産主義でもなく人間主義へ!10年前レーニン廟を訪れていて良かったです。?◎日本人はベストツー...
記事全文を読む

2017.4.26

2017年04月27日 (木) 00:18
◎職員で持っている事務所今日は午後2時頃まで新聞を読み、それから相続税申告の処理。その間数件の月次と決算申告のチェック。そう言えば昨日は給料日でしたが、完璧に忘れてました。職員で持っている事務所です?...
記事全文を読む

2017.4.25

2017年04月25日 (火) 23:14
◎行きつけだったクラブが閉店また一つ大牟田の、40年以上続いた老舗のクラブが閉店。私は昨年まで約10年間通い詰めていました。?これで大牟田に残る老舗のクラブはあと1店舗となってしまいました。ママよりL...
記事全文を読む

2017.4.24

2017年04月25日 (火) 00:24
◎「魯迅・池田大作桜」観桜会3月26日「魯迅・池田大作桜」前での記念撮影及び昼食会がありました。3月末から4月初めに「魯迅・池田大作桜」も満開となり、「桜だより」vol.3に満開時の写真と3月26日に...
記事全文を読む

2017.4.23

2017年04月23日 (日) 22:49
◎来年11月18日までに3,000万遍!朝発の支部唱題会で題目を挙げている最中にポッと決意しました。題目が3月末で累計2,600万遍+α。毎日2時間(8千遍)ずつ挙げていくと、来年11月18日までに3...
記事全文を読む

2017.4.21

2017年04月23日 (日) 01:39
◎今朝の夫婦の会話妻「お父さんの上海に行っておらん時寂しかった〜!」私「そうね」妻「枕濡らして泣きよった…あんまり泣いて枕ビショビショ…枕カバー洗いよるたい」?妻「今度はちゃんと仕事できたごたるね、メ...
記事全文を読む

2017.4.21

2017年04月22日 (土) 04:03
◎日本のなんと綺麗なこと!機内から綺麗な夕陽が撮れました。日本の島々は本当に綺麗!空気も町もコンビニも!?◎奥さんへメール?飛行機2時間遅れ、福岡空港7時ちょうど着。博多サウナ足つぼマッサージ直行!1...
記事全文を読む

2017.4.20

2017年04月21日 (金) 04:06
◎上海センタービル世界で二番目に高いビルに昇ってきました。霞んでいて視界が良くありませんでした。自国の土地に中国一のビルを建てた日本の森ビルを、見下げている感じでした。?◎ひつまぶし名古屋のうなぎ料理...
記事全文を読む

2017.4.19

2017年04月20日 (木) 04:22
◎四川料理にわとり?の血!「……何とも言えない味……」?豚?の脳ミソ!「……変な味……何これ……(タレを付けたら)……わッ、これ美味しい!……何これ……一歩中国人に近づいたみたい」(笑)ーーでもずっと...
記事全文を読む

2017.4.18

2017年04月19日 (水) 03:15
一騎当千の益々のご活躍、誠にお慶び申し上げます??…8ヵ月ぶりの上海へと広布の使命に前進される猿渡先生の尊き行動に冥の照覧何処までも??お気をつけて??ありがとうございます。緒方先生の真上を有明海上空...
記事全文を読む

2017.4.17

2017年04月18日 (火) 00:23
◎大同生命所内研修会(食事付)経営者に“”万一のことが起こった際”と“重大疾病に罹患し経営に携われなくなった際”の「経営者ご自身のお考え」私の自己分析ーー1)後継者の有無?なし2)売上高の影響?影響な...
記事全文を読む

2017.4.16

2017年04月16日 (日) 23:14
◎しおつか敏郎市政報告会in猿渡宅13:001)次世代地元就職支援仕事はあるけど賃金の格差2)ひきこもり社会復帰支援大人になってからのひきこもりなんとか仕事に付けよう相談窓口に行けない人に個人的に訪問...
記事全文を読む

2017.4.15

2017年04月16日 (日) 00:35
◎HbA1c糖尿病の数値であるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が下がりません。今月始めの抗生物質投与がまだ尾を引いているようです。でも血糖値と中性脂肪は下がり、あとのコレステロール、肝機能等はオ...
記事全文を読む

2017.4.14

2017年04月15日 (土) 02:35
◎先生が創価大学へ!昨日11時過ぎ、先生・奥様は、満開の創価大学を訪問して下さいました。お車で、大学内を回られました。新しい滝山国際寮、万葉国際寮も回っていただき、満開の周桜にも行かれたようです。本日...
記事全文を読む

2017.4.13

2017年04月14日 (金) 00:29
◎最先端の税務今朝は寝坊してしまい、お客さんとの約束時間に遅れてしまいましたが、最先端の税務でとても喜んで頂けました。事業承継、税務調査、期限後申告、現物出資、相続税申告と、今日も仕事がはかどりました...
記事全文を読む

2017.4.12

2017年04月13日 (木) 02:08
◎やっと晴れました!?低温で開花が遅れ、開花後も雨続きでしたが、やっと晴れました!私「今年の自然は心がなかったな」妻「心がないのはあなたでしょ!」?◎桜の城の撮影4期の今城さんが乗っているヘリコプター...
記事全文を読む

2017.4.11

2017年04月12日 (水) 01:36
◎花見カフェ?今日はお昼11時〜14時、我が家の拠点で「花見カフェ」。地域の内外のご婦人50名以上がごった返し、大盛況のようでした。うちの奥さん、小さな会合を一生懸命やっています。ほっとします!?我が...
記事全文を読む

2017.4.10

2017年04月11日 (火) 00:15
◎創価大学の刺繍数年前、池田先生から届いた創価大学の刺繍です。届いた時は涙がちょちょぎれました。いつもこれを横に見ながらお題目を挙げています。?◎配当も毎年コツコツと関与先の自社株の評価をしていました...
記事全文を読む