Contents
RSS 2.0

ブログ blog page

2018.1.8

2018年01月08日 (月) 00:35
2018.1.8

◎天命と運命【徳川家康26巻】
いったん京にとどまって、わが手で戦後の処理をしようと覚悟してからの家康は、板倉勝重の眼には神とも見えたし執念の鬼とも見えた。
「−−まだまだ努力が足らなんだ」

「−−この金が、もう少し早うなくなっていたら、豊家は滅びずに済んだのに………」

「−−人間の頭上にはのう、つねに運命と、宿命と、そして天命の三つが働きかけている。太閤が伜のために残した莫大な遺産は、実は伜を滅ぼす宿命の輪になったわ」
「−−運命と、宿命、天命とは、どう違いまするので?」

「−−よいか。ここに小さな茶碗ひとつのせた丸盆があると思え」

「−−そうじゃ。その茶碗が人よ。よいか、するとこの茶碗は、盆のうちだけは、右へ行こうとし、左へ行こうとして“ふち”にさえぎられるところまでは自由に動けよう。この人間の自由に動けるところまでが運命じゃ。されば、運命とは、その人の意志をもって開くこともできれば築くこともできるものよ」

「−−そしてこの盆の“ふち”………つまりぶつかって動けなくなるところ、これ以上は行かせぬぞと、立ちふさがっているこの盆の“ふち”………これが宿命と申すのだ」
「−−すると大坂城の黄金は………?」
「−−秀頼の思考思案をさえぎる宿命となった。しかしその宿命の上に、さらにもう一つの天命がある」

「−−天命とは、こうした盆、その上の茶碗、そしてさらにその盆の“ふち”。そうしたもののいっさいを作りだしている天地の命じゃ。人間は、人間の力をもってしてはどう変更(へんが)えもできない天命のある事を悟ったおりに、はじめて自分を活(い)かし得る。わが天命は何であったか………天命はまたわが身に課された使命でもあるからの。これを悟らぬうちは、動いても動いても無駄になる。宿命のふちの中での“あがき”意外の何ものでもない」

?『天命は……使命』
………徳川家康最終巻
………深い深い含蓄を記録に遺(のこ)さないではもったいない?

?私にとって税理士業は天命??


◎名護市の税理士は7件?
どうしようかな? とりあえず14日の会合に出てから考えよう。名護市長選。

もう男子部の頃のかつての佐賀補選を思い出す……!! 自民党候補の応援に多久文化会館に結集し、当時の秋谷会長まで来られて………金も人脈も無かったけど、今思えば交流の原点!!
?


◎妹の息子が成人式
ピンポーン?
息子と一緒に自宅に挨拶に。
妹「今、ばあちゃんとこに行って、耳元で『私、今、支部婦人部長で頑張らさせて貰いよるとよ』と言ったら、普段は全然反応せんのに、涙流して…こ????う…顔を動かしよらしたよ………」

妻「そらあ、一番悩まして信心しよらんやった澄ちゃんが今、支部婦人部長やけん、ばあちゃんは嬉かと思うよ………ずっと題目あげよらしたけんね………」


◎風林火山
(三国同盟で武田家から今川家に嫁入り)
妻「ほ、泣きよらす………涙もろうなったね」
私「姫のお嫁入り………うちの姫は嫁入りできるやろか」
「恵も今はいろいろあるけど、将来はどげな人材にならすかわからんとやけん」


◎妻も還暦
妻「誕生日やけんなんか買ってよ…洋服がいい」

「その辺はおばさんのたい」
「もうおばさんたい」
「還暦やけんそれなりのでいかんなら」
「還暦還暦て強調せんでよ」

?セーター2着で5,400円!!

「初めてやろ買って貰ったの」
「初めてじゃなかよ」
「“悪さ”した時は買って貰ったばってん」
「そうやったかね」
?


◎雑貨屋さんに食べ物もある?
−−これ『軽減税率』?
あれ、ビールもある。
−−これは一般税率
「これ良く見るとビールでなく“炭酸飲料”」

?やっぱりややこしいな?

◎西郷どん
斉彬
「めそめそするな?このやっせんぼ?」

「強くなれ?」

◎夜
妻「今日は最高の誕生日でした、ありがとう」
「そうね、それは良かった」
?

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
2018.1.8
蓮盛抄 p.153 建長七年 三十四歳御作
第十章 禅宗が大邪見なるを明かす

【本文】
疾(やまい)の前に薬なし・機の前に教なし・等覚の菩薩すら尚教を用いき底下(ていげ)の愚人何ぞ経を信ぜざる云云、 是を以て漢土に禅宗興ぜしかば 其の国忽ちに亡びき本朝の滅す可き瑞相に闇証(あんしょう)の禅師充満す、止観に云く「此れ則ち法滅の妖怪なり亦是れ時代の妖怪(ようかい)なり」云云。

【通解】
病の前に薬がなく、衆生の機根の前に教がないのと同じである。等覚の菩薩すらなお教を用いた。機根の低い愚かな人がどうして経を信じないのかというべきである。このように中国に禅宗が興ったので、その国がたちまちに滅んだ。我が日本が滅びる前兆として仏法の悟りに暗い禅師が充満しているのである。摩訶止観に「これは法を滅する妖しい怪物である。またこれは時代の妖しい怪物である」とある。

【解説】
更に「疾の前に薬なし・機の前に教なし、等覚の菩薩すら尚教を用いき底下の愚人何ぞ経を信ぜざる云云」と説かれ、仏道を修行する者にとって、仏の教えがいかに必要であるかということを述べられている。

「疾の前に薬なし・機の前に教なし」とは、禅宗の「仏祖不伝」「不立文字」等の主張は、病人に薬を与えず、衆生にその機根にかなった教を示さないようなものであるという意と考えられる。

そして「等覚の菩薩すら尚教を用いき」と、仏の位にほとんど等しい菩薩ですらなお仏が示した教えを必要とすることを述べられて、ましてや位の低い凡夫の愚人が仏の教えである経々を信じないでいられようかと教えの必要性を強調されている。

そして結論として、このような大邪見の輩である禅宗が中国に栄えたために国が滅びたのであると述べられ、大聖人の時代に「闇証の禅師」が充満しているのは本朝・日本が滅びる予兆であると喝破され、その根拠として、禅宗を「法滅の妖怪」「時代の妖怪」と弾呵した摩訶止観巻2の文を引かれている。

「法滅の妖怪」とは仏法を滅ぼす妖怪ということであり、「時代の妖怪」とは、王朝すなわち国家・社会を滅ぼす妖怪ということである。


?「等覚の菩薩すら尚教を用いき」
………底下(ていげ)の愚人何ぞ経を信ぜざる

?「是を以て漢土に禅宗興ぜしかば 其の国忽ちに亡びき」
大邪見の輩である禅宗が中国に栄えたために国が滅びた。

?禅宗は……「法滅の妖怪」「時代の妖怪」


この記事を表示

2018.1.7

2018年01月07日 (日) 00:06
◎雷神乱舞?雷神風神は……『家康』(社長)と『光悦』(私)のこと??大坂落城から一ヵ月。−−本阿弥光悦の眺めた現世は手のつけられないほど堕落と混乱の世界であった。どこにも「正法−−」は行われず、どこに...
記事全文を読む

2018.1.6

2018年01月06日 (土) 00:12
◎仕事初め正月明けは例年、年末調整でいきなりフル創業?でも、皆が全部してくれますので、最近はこの時期、新聞熟読、年賀状整理、自分の領収書整理…しながら、合間にチェック……ほとんど『めくら判』………所長...
記事全文を読む

2018.1.5

2018年01月05日 (金) 00:05
◎政次の辞世の句(直虎総集編第3回)白黒をつけむと君をひとり待つ?天つたふ日ぞ楽しからずや?白黒………君をひとり待つ天………??◎直虎総集編第4回「そなたは何にその命を使うのじゃ」「虎松を使い徳川にさ...
記事全文を読む

2018.1.4

2018年01月04日 (木) 02:02
◎朝朝夕顔「−−世間というはわからぬものよ。大坂方の大忠臣よ、大黒柱よといわれた片桐どのは、褒美を貰うて生き残り、何のかのと悪しざまに噂された大野どのは、秀頼さまのお供をしてご自害された」(正午(ひる...
記事全文を読む

2018.1.3

2018年01月03日 (水) 00:03
◎『パンゲアの扉』(日経元旦号トップ)全大陸は元々一つだった。500年以上前の大航海時代?→コロンブスアメリカ大陸発見?→蒸気機関車?→飛行機?→インターネット?→スマホ?→?Facebookは20億...
記事全文を読む

2018.1.2

2018年01月02日 (火) 00:16
◎初夢は……夢の中でもマッサージをして貰っていました。妻「なら今年は寝ても覚めてもず〜っとマッサージをして貰うたい?」私「今年も奥さんから言われた“腹いせ”をFacebookに当たって行こうっと?」「...
記事全文を読む

2018.1.1

2018年01月01日 (月) 00:06
2018年(平成30年)『世界広布新時代栄光の年』開幕新年明けましておめでとうございます???旧年中は大変お世話になりました。どうぞ今年も宜しくお願い申し上げます??今年は孫が生まれます様に??1月7...
記事全文を読む

2017.12.31

2017年12月31日 (日) 00:15
◎伊達の信仰「この戦………実は、上総介と秀頼とが、将軍家に対して企てた謀叛であった………それもただのお家騒動ではなく、南蛮人と紅毛(こうもう)人の野望も加わった戦であった………もしそうした噂がひろまる...
記事全文を読む

2017.12.30

2017年12月30日 (土) 00:16
◎妻「今日は最後のカーブス、これで今月も10回クリアー」「今晩はさみしいと思うけど……」「うん枕濡らして……もう飽きた?」?◎博多駅前キャビナスカプセルサウナ14:00過ぎチェックイン15:00アカス...
記事全文を読む

2017.12.30

2017年12月30日 (土) 00:04
◎妻「今日は最後のカーブス、これで今月も10回クリアー」「今晩はさみしいと思うけど……」「うん枕濡らして……もう飽きた?」?◎博多駅前キャビナスカプセルサウナ14:00過ぎチェックイン15:00アカス...
記事全文を読む

2017.12.29

2017年12月29日 (金) 03:35
◎朝妻「昨日は寒かった〜」私「うん、ジムの帰り車の外は2℃だった」私「寒かときは言わんね、あっためてあげるから」「ハイハイ…何も言わん…faceにすぐ載せるけん…」「うん、それ載せよう」?◎忘年会今年...
記事全文を読む

2017.12.29

2017年12月29日 (金) 03:33
◎朝妻「昨日は寒かった〜」私「うん、ジムの帰り車の外は2℃だった」私「寒かときは言わんね、あっためてあげるから」「ハイハイ…何も言わん…faceにすぐ載せるけん…」「うん、それ載せよう」?◎忘年会今年...
記事全文を読む

2017.12.28

2017年12月28日 (木) 00:00
◎芦田曲輪(あしだくるわ)「上様はな、芦田曲輪の籾蔵(もみぐら)にかくれておわすに違いない」「芦田曲輪………そのかくれ場所から、いったいいずれへ落ちてゆくので」「………それにご城内にある切支丹の信徒ど...
記事全文を読む

2017.12.27

2017年12月27日 (水) 00:09
◎朝妻「昨日は遅かったね」「徳川家康を読んでたから…夏の陣のクライマックス…なかなか進まん」「徳川家康読んでるならもう少しそれらしく変わらんなら、徳川家康の“と”もなかよ」?◎トランプ政権と欧州選挙年...
記事全文を読む

2017.12.26

2017年12月26日 (火) 00:00
◎朝、冷蔵庫の回りでセルフバイキングしていると……妻「どいて、ぶつかる?」私「昔はぶつかると嬉しかったとに」?横見るとまた、妻は白い背中出してブラジャーを着替えている。もう何も言わない。?◎「老衰多い...
記事全文を読む

2017.12.25

2017年12月25日 (月) 00:28
◎奥原信十郎豊政(何もかも燃え尽くせばかえってせいせいするであろうに)「旦那さま、奥原の………旦那さまで」「誰だ。出て参れ」「はい。壮三郎でござります。御台所(千姫)さまは、無事に茶臼山のご陣所へ向か...
記事全文を読む

2017.12.24

2017年12月24日 (日) 00:00
◎残してくれていたクリスマスケーキ「やっぱり甘いね?もうそんなに食べられん」妻「それはいいこと。体が受け付けないようになっている証拠」?◎サンホリディ・クリスマス会今日の房子さんです。施設のクリスマス...
記事全文を読む

2017.12.23

2017年12月23日 (土) 00:53
◎寸志支給皆「所長、ありがとうございました?」「え、あー、今年も支給できて良かった?」“賞与”というよりも“寸志”?◎クリスマスケーキ?3,000円の7個クリスマスケーキを勝って6名プレゼント?妻「お...
記事全文を読む

2017.12.22

2017年12月22日 (金) 00:03
◎朝「ミーおはよう?」妻「ミーには優しかね、畜生やけん……猫とは合う」「車を自慢したかろ…よーわかるよ…一週間くらい天界やろね」「車を人に見せびらかしたかろ支部長会、普通は行かんのに車のあって出られん...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>